左馬の由来


・右に出る者なし。左馬とは並ぶ者がいないほど傑出した才能をあらわす言葉。

・通常、人にひかれている馬の文字をさかさまに書くと、逆に馬に人が引かれて入ってくる千客万来の招福の意味。

・乗馬の際、右から乗ると馬がつまづいて転んでしまうという習性をもっており、元来左から乗るものなので、左馬は長い人生をつまづくことなく過ごすことができるという意味

・馬の字が逆に書かれていることから、ウマの逆はマウ(舞う)であり、舞はめでたい席で催されることから、縁起の良い招福の印という意味。

・馬は左には倒れない、ということから決して倒れないことに繋がる。

・「左馬」の姿が「右に出るものなし」とか「左団扇」に通じる大吉兆の象徴。

・人を乗せた馬は、左に倒れないいわれから不倒の象徴。

・「馬」の字の下部分を巾着形の財布と見立て、

  口が締まってお金が散逸しないとして富の象徴。

・三味線の胴に左馬を書く芸者さんの心意気の

 「格好いい」「粋」を転じて「縁起がいい事」の象徴

 

それらを繋ぎ止めるものとして、

馬を逃がさない意味で字を逆にして、『左馬』としました。

故に、左馬は縁起の良いものとされています。  

 

また器の渕を顔、身をスタイル、高台を心と言い

上記の意味合いを用いて馬徳陶苑の馬の文字を

日々の器つくりに精進するの心で、

馬徳陶苑の商品には高台に左馬の名判を用いています。